ネットワーク系とインフラ系の仕事内容

IT業界といっても、本当に様々な職種がありますよね。
それぞれ、必要となる知識や経験も異なりますから、「この職種って、どういった仕事をしているのだろう?」と感じている方もいるでしょう。

では、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアとは、どういった仕事をする職種なのかご紹介します。
現在、企業ではそれぞれがホームページを持っていたり、システムなどを利用していますよね。企業側は、これらのシステムなどを採用する際、「出来るだけ、お金をかけずに運営をしていきたい」と考えています。

そこで、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアは、どういった目的でそのシステムを作り、どういった性能を利用し、どういったことをこなしていくのかを考えることになります。要件が決まったら、そのシステムをどのように動かしていくのか、設計書となるものを作成していきます。

設計書で必要となるのは…
・どのくらいインフラとなるのか
・予算は、どのくらい必要となるのか
・どのくらいの期間で、それを作り上げるのか

などを提案していくことになります。企業側としては、便利に利用出来るシステムも大切ですが、費用をかけないためには、どういったことが必要になるかなども基準となってきますから、依頼主のことを考えながら提案していくことが求められます。
時には、競合となることもありますから、ライバル会社よりも予算をかけずに提案出来る内容であるものを作成することが必要となります。
ということは、技術力だけではネットワークエンジニア、インフラエンジニアは務まらないということ。技術力当然必要となりますが、企画力なども重要となってくるでしょう。

このように、インフラエンジニア、ネットワークエンジニアの仕事は幅広い考慮が必要となる仕事となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>